JRFA(ジャルファ)フットケアについて

◆JRFA(ジャルファ)の概要

特定非営利活動法人日本リラクゼーションフットケア協会(以後JRFAと称します)は
2001年4月にNPO(民間非営利団体)として設立された団体です。
健康の維持を目的として太古の昔から人々のコミュニケーションの手段として受け継がれてきた
ケアリングの精神をJRFAではフットケアという手軽な形にして人々に施術し教育・育成する事により、
多くの人々に感謝とふれあいの輪を広げることを目的とした団体です。

代表理事:松田 有史

特定非営利活動法人 日本リラクゼーションフットケア協会
〒981-0902 宮城県仙台市青葉区北根一丁目13-1-2908
TEL.022-219-2292 FAX.022-219-2268

_

◆JRFA(ジャルファ)の理念

フットケアを中心に心身のリラクゼーション効果に関する支援活動を行い、
心身の健康と美容と福祉に寄与することを目的とします。

_

◆JRFA(ジャルファ)のフットケアとは

JRFAの提供するフットケアは足の裏を刺激しながら、つま先からふくらはぎまでを
やさしくさすることにより、リンパの流れを促進する「リンパドレナージュ」という手法を使用しています。
足裏マッサージなどによくありがちな痛みを感じさせないやさしいケアです。
また、JRFAの目指す活動はフットケアの技術を教授することにとどまらず、
施術を実施することによって生じる、相手へのおもいやりや積極的にコミュニケーションをとる大切さなど、
社会生活に必要な心構えを、施術活動を通して、一般の方に広げる事を目標としています。

_

◆JRFA(ジャルファ)フットケアの必要性について、大きく4項目に分けてご紹介致します。

jrfa

_

◆JRFA(ジャルファ)のフットケアの心

ヒトは進化の過程で大地に立ったときから、他の動物と明らかに違う高等動物としての存在が確立しました。
それだけ、立って歩く動作には、人間としての知能を発達させ、高度な身体機能を作り出す働きがありました。
当然、二本の足には、4つ足動物より、体全体の負荷が多く加わります。歩くだけで体重の3倍の重さを受けながら、
一生涯、全身の姿勢バランスと健康を足に 託して過ごしているのです。そんなことから、人間の知恵として、
古代エジプト文明、インド文明、そして古代中国文明の時代から既に足をケアする方法と技術が開発され、
手、足の手入れ の大切さを知っていたのです。以来西洋では、足裏は体全体の反射体といわれ、温浴療法、
オイルマッサージ、アロマセラピー、リフレクソロジー、リンパドレナージュとして発展し、今日に 至っています。
中国では漢方の処方として下肢及び足裏には全身の経絡が集中しており、そこを刺激することで治療効果が
あるとしてきました。今、世界各国各地でフットケア の大切さと必要性がわかり、科学的にも、医学的にも、
その確かさが証明されてきております。

今日、日本では、超高齢社会やストレス社会の中、足のケアは最も基本的で簡単な健康法として
理解されてきています。また、リラクゼーション効果、ヒーリング効果として、フットケアが普及しつつあります。
さらに大地に立つ足をケアすることは、される人のこころを癒し、する人の感謝の心を養成します。
そして、足裏に大地の波動エネルギーをいただいていることの大切さが分かってきます。
フットケアは心と体を癒すと同時に、人間を育んだ大地に感謝し、地球と共に共存していることの意味を
感じとることが、自然と分かってくるのです。すなわち 足裏には宇宙構造や宇宙エネルギーが、
そのまま宿っているとも言えるのです。